Profile

窪田友紀子

Yukiko Kubota(Shizuoka)
2003.11.21「ハチのムサシ」でCDメジャーデビュー。デビュー以降は、ラジオでもレギュラー番組をもち活動。
2011.01.01 ユニット シープスとしても同時に活動。シープスで活動するときはchyun(チュン)名義。
2013.03.27 1stミニアルバムでは作詞作曲も行い「高純度」、絵本付きCD「くいしんぼうのうーたん」を同時リリース。絵本は曲・作画も手がける。 
他、作名義 雲間いちご としても作品提供。
2017.07.31 デビュー曲「ハチのムサシ/cw 果てしなき荒野」14年ぶりに徳間ジャパンよりiTunesにて復刻!
2018.11.01デビュー15周年記念CD「SUNRISE」リリース
2021.05.02 「闇夜(MV)」リリース(15周年アニバーサリー企画として)
2021.08.26 「高気圧part2/いいのにね」リリース(デジタルSingle) ※闇夜・高気圧part2・いいのにねは三部作構成。
窪田友紀子
【音楽活動】歌手。作詞・作曲。(自身制作の楽曲だけではなく、楽曲提供いただいたものも歌唱していきたいので、色んな方の感性と共に作品を完成させていく作業も好きです)
【メディア】ラジオパーソナリティ(レギュラー)
【イラスト・デザイン】義務教育の範疇で専門的には学んではいませんが、絵を描くこともパソコンについても得意な方なので、自社CDジャケット・フライヤー・ホームページ制作もしております。関係者のCDジャケットやフライヤー制作・HP制作等をしていることもある為、時々制作スタッフのクレジットに名前が載っていることもございます。
※補足:CD「SUNRISE」「高純度」のジャケットイラストシリーズに関しましては、友人のイラストレーターが描き上げてくれています。
窪田友紀子

  • radio
  • Live
  • CD
  • WebShop
  • Free

SHEEPS HP



【Medeia】

Radio「風とシープス...ときどき窪田友紀子」
毎週火曜 20時~生放送
全国70局以上コミュニティFM、PC・スマホアプリで全国から視聴いただけます。
MB局 番組HP Listen to the radio online

2011.04~



  • Home
  • Page Top

  • 【過去の出演歴】
    2011.04~2020.05.10
    Radio「窪田友紀子と久野友莉のテケテン♪」
    毎週日曜 昼10:30~/(再・同日)19:30~
    LCV-FM

    2009.10~2011.03末
    Radioメインパーソナリティ
    「猫とキャベツと窪田友紀子」毎週金曜 25:00~

    2003.11~2009.09末 ラジオレギュラー出演
    過去のレギュラー出演:
    「あたりとしおのポンチャラリン」
    「あたりとしおのチョーGENKI!」
    「あたりとしおのアブレイズユー」(2009.09までアシスタントとして出演)
    (ミュージックバード)


    MENU

    MEDIA

    Radio

    Radio「風とシープス...ときどき窪田友紀子」
    毎週火曜 20時~生放送
    全国70局以上コミュニティFM、PC・スマホアプリで全国か
    ら視聴いただけます。

  • 受信FM一覧

  • 番組Mail宛先は、番組HPから
    「#風とき」でリスナーさん同士の交流もお楽しみください

    (ミュージックバード制作)


    MENU

    Discography


    リリース新着順
    窪田友紀子SUNRISE

    【2nd CD】SUNRISE

    1.win win win
    2.夢の近くにかかる虹
    3.サンライズ金魚
    4.闇夜
    5.After Sunrise
    ※CDには6~10.上記inst.全10トラック収録

    15周年記念ミニアルバム(EP)
    NCRC-YMA02/2018.11.1

    【1st CD】高純度

    1.赤ワインとハムで
    2.パルサー
    3.ソネットの秘密
    4.水墨画
    5.オニオンのスープ
    6.ツバメホーム
    7.アイソーポスのこころ ~ Full Ver.(シープス)
    ※CDのみM7ボーナストラック(EP)
    NCRC-YMA01/2013.03.27

    ハチのムサシ

    ハチのムサシ(C/W 果てしなき荒野)
    ℗ 2017 TOKUMA JAPAN COMMUNICATIONS
    GRCX-18/2003.11.21